愛犬の元気がない?フィラリアの症状
愛犬の元気がない?フィラリアの症状 > ペットにもシャンプーをしてあげましょう!

ペットにもシャンプーをしてあげましょう!

シャンプーをされている柴犬

犬などのペットは定期的に洗ってあげないと臭いが気になったり、頑固な汚れがこびりついて目立つようになったりしてしまいます。
嫌な臭いだけでなく汚れを放置しておくと皮膚炎などのトラブルに発展することもあるので注意が必要です。
愛犬といつでも清潔で快適に過ごせるように、自宅でもできるシャンプーの仕方をご紹介します。

汚れを綺麗に落として臭いも一挙に改善できるのがシャンプーのメリットです。
ご自宅で行う場合のおすすめの頻度は月に1-2回程度になります。

シャンプーの頻度をあまりに上げると、皮膚の保護に必要な皮脂まで洗い流してしまうので逆に皮膚炎などのトラブルの元になります。
なぜなら犬の皮膚は人間の表皮の2‐3割程度の厚みしかないので非常にデリケートだからです。

シャンプーの方法ですが、足元からゆっくりシャワーでぬらしてあげて、犬専用のシャンプーを十分にあわ立てて、全身くまなく泡で包むようにして泡の力で汚れを浮き上らせるようにするのがポイントです。
ちなみに人間用のものは強力な界面活性剤を含んでいて刺激が強いので、絶対に使用は控えてください。
すすぎを十分に行って、成分が残らないようにすることも大切です。
37℃くらいのぬるま湯に調整して顔やボディの高い箇所から、すすぎ洗うようにしてあげましょう。
足の裏はすすぎ残しがちなので忘れることなく成分を綺麗に洗い流すことです。

すすぎ落としが終わってからのケアも気を抜かないで下さい。
全身にタオルを当ててこすらないように水分を十分ふき取ります。
犬は体温調節が苦手なので水分が含んだままの状態を放置するのはよくありません。

ドライヤーで乾かすわけですが、このとき熱風が直接触れないように手をかざして間接的に熱風が犬の体毛に当たるように配慮しましょう。
空気中にはカビや微生物が漂っており、それが毛に付着して、犬などのペットの様々なトラブルの原因にもなっているので健康管理上も定期的なシャンプーは大事ですが、そのたびに暴れることがあります。
怖い思いを抱いているため風呂場に足を向けるだけで暴れることもありえます。
シャンプーを怖がっている様子を見せているときは練習を積み重ねるほかありません。
子犬の頃からシャワーなどに慣れ親しんでおければ理想的です。

成犬になっている場合は、水遊びなどで楽しい思いをさせて、怖い印象に上書きすることも練習の一環になります。
空気中の微生物やごみを除去するだけでなく、毛の生え変わり時期にはシャンプーを活用して皮膚の健康を維持することにもなります。
シャンプーが終わったらおやつをあげるなどして、シャンプーは怖いものではない、と体感させておくことも大事です。