愛犬の元気がない?フィラリアの症状

フィラリアの根源、蚊

フィラリア原虫は主に犬を寄生主とする寄生虫です。
屋内で犬を飼うスタイルの家庭が増加したので、この寄生虫に感染して身体に不具合を生じるというケースは減少しているようです。
それというのもフィラリア原虫は主に蚊を媒介にして感染を広げるので、蚊に刺される機会の多い屋外飼育の場合ではフィラリアに感染するリスクは非常に高いものがあります。
これに対して屋内飼いの場合では人間にとっても蚊は衛生害虫になるので電気式殺虫剤などを利用して蚊の駆除に積極的になっている家庭が多いので、犬にとっても蚊にさされるリスクは減少するので、結果的にフィラリア感染のリスクは相対的に低くなっている訳です。

とはいっても屋内飼育でも完全に蚊の駆除対策をとることができるとは限らず、しかも屋外で散歩するときには道端の草陰などに潜む蚊に刺されるリスクは存在しているので、フィラリアに感染する可能性は十分あります。
そのため屋内屋外の飼育スタイルの如何を問わず、犬を飼っているご家庭ではフィラリア感染のリスクを常に念頭に置く必要があります。

そこで大事なのはフィラリアの兆候を見逃さないことです。
フィラリアは感染して犬の体内に入ると心臓に寄生します。
初期には目立った症状はほとんどありません。
多くの場合寄生してから数年程度経過すると次第に症状が現れるようになります。
何となく元気がない・慢性的に咳をするなどの変化が見られます。

フィラリアは心臓と肺動脈に寄生して数を増やしていき、体中に十分な酸素を供給することができなくなるので、心不全に類似した症状を呈します。
主に右心室や肺動脈に寄生するわけですが、心臓のこの部分は呼吸で酸素を取り込んだ血液を、肺動脈を通じて全身に送り出す役割を担っています。
この部分にフィラリアが寄生して機能を障害するので全身の血液循環を妨げ、肝臓や腎臓などの血管が豊富な臓器が深刻な障害を被るリスクが高いです。

ところが動作が落ち着くなどの変化は加齢によっても起こるものです。
そのため加齢のせいと思い込んで放置されがちですが、フィラリアはその間も繁殖を続けるのでさらに心機能の衰弱は進み、食欲不振や体液の循環不全による腹水や四肢のむくみなどの重篤な症状が観察されるようになってしまいます。
さらに寄生虫が本来の生息場所から移動して後大静脈に閉塞をきたすと、急激に全身状態が悪化する「後大静脈症候群」を併発し、適切な医療措置を行わないと呼吸困難などで突然死する場合もあります。

フィラリアを予防できる薬がある!

2匹のダルメシアン

フィラリアはまれに人体にも感染する可能性がありますが、犬が最適の感染宿主とされており、フィラリア症の流行地では夏場に適切な対策をとらなければ80-90%の割合で犬が感染すると推定されています。
日本ではアカイエカ・ヤブカなど16種類に及ぶ蚊が媒介することが知られているのです。

イヌフィラリアでは心臓や肺動脈などに最初は寄生しますが、イヌフィラリアの症状は寄生虫の個体の数によっても症状の程度や出現頻度は異なってきます。
心臓や肺動脈が十分機能しないので頑固な咳が続く、十分な酸素が血液循環で供給できないので元気がなく散歩を嫌がる、食欲が無いなどの全身症状を呈するようになります。
イヌフィラリア症の怖いところは、慢性的に咳をする・食欲が無く元気もない等の自覚症状が現れますが、イヌフィラリアの診断を受けても治療が難しい点です。

イヌフィラリアに対する寄生虫駆除薬も開発されていますが、フィラリアの死骸が血管に詰まって肺塞栓などの合併症のリスクがあります。
投薬前の肺静脈などの状態によっては寄生虫駆除薬の投与で死亡するリスクがあるので投与には慎重に臨む必要があります。

また外科的にフィラリア原虫を取り出す方法もありますが、リスクが高く全身状態が悪化していれば適用にならない場合もある訳です。
そのためイヌフィラリアは予防薬を活用して蚊にさされても、イヌフィラリア症を発症しないように十分な予防策をとることが何よりも重要です。
蚊の駆除対策をとることも重要ですが、散歩などの機会に蚊に刺されるリスクを踏まえれば予防薬の使用は必須と言えます。

白い錠剤

予防薬には内服薬・塗布薬や注射薬などいろいろなタイプがあります。
いずれの仕様の予防薬にしてもそれらはいずれも体内に侵入したフィラリアを殺すことを目的にしているので、蚊が出る夏場とその前後のシーズンでは毎年定期的に投与する必要があると言えます。
そして予防薬を投与する前にはイヌフィラリアに感染していないかを確認しておくことです。

前年に定期的に投与していても、胃腸の調子が悪いと十分有効成分が吸収されていない可能性は否定できません。
従って感染の事実を知らないまま予防薬を投与することでフィラリアの死骸が血管に詰まって突然死するリスクがあるのです。
通販で個人輸入の代行でフィラリアの予防薬を購入することができます。
通販なら安く購入できますが、少なくとも毎年投与開始前には獣医師にイヌフィラリア症感染の有無を確認しておく方が安全です。